現在位置>トップ>背景の描き方>難しい人は真似てみよう>立方体

立方体

立方体の表現方法の一例紹介です。リアル表現や質感表現ではなく立方体に見せる方法です。
明暗をどうグラデーションしていくのか、なぜそうなるのかなど設定がない状態で最低限見せたいところと言ったらいいでしょうか。
見なくて描けるようにするためこういった覚え方も必要です。


このコーナーの完成はこちら。
立方体 描き方 白黒

立方体1.jpg

①、立方体とはこんな形
これを基準に色をつけていきます。白と黒の明暗で表現してみましょう。


立方体2塗ってみた.jpg

②、こうなりました。
ポイントは上の面、側面、影面をしっかりグラデーションで表現することです。そのグラデーションも意味があります。


立方体3説明.jpg

3、説明するとこんな感じです。参考にしてみてください。
では、作品にしてみましょう。


立方体4床.jpg

4、まわりにグラデーションをいれてみました。しかしこれだけだと良くわかりません。


立方体5影.jpg

5、影をいれてみましょう。世の中にあるものは必ず影が存在します。光と影はセットなのですね。
影をいれることでまわりのグラデーションに立方体が置いてあるように見えました。最後にもう少し手を加えてみましょう。床をツヤに見せるため、立方体を写りこませてみました。


立方体6写りこみ.jpg

そして完成がこちら。



サイトトップ>背景の描き方>難しい人は真似てみよう>立方体(△上に戻る)

スポンサーサイト

【彩玉コメント】
これには特にコメントはいらないでしょう。新海誠さんと言えば色彩のマジシャン(本人はどう思っているのかは定かではない)と呼ばれ、一枚がの引き付ける魅力は時代を作り上げたといってもよいでしょう。 それにとどまらず、アニメーションとしても大人気ぶりを発揮した「君の名は」。この美術画集といえば平成を代表する背景画集と言えますね。


【彩玉コメント】
新海誠さんが世に出始めてから最初に大ヒットとなった背景画集がこちら。「秒速5センチメートル」「ほしのこえ」とまだまだ一部の人しか知らなかった時代の背景もふんだんに紹介。
上級者にもお勧めできるデジタル彩色技術が掲載されている。長年愛用される背景表現の素晴らしい教科書。

【彩玉コメント】
株式会社Bamboo社が出した空を絡めた背景画集。表紙、裏表紙にある背景を使った描き方・表現の紹介をしています。
内容は作業環境・基本パーツの描き方・自然・一日の時間変化・四季の移り変わり・いろんな空・都市や街並み・アニメにおける背景の役割と満載。
「描き方」というよりは「描き順」「きれいな背景表現」というのを紹介しているもので、素晴らしい背景を数多く掲載。

現在の閲覧者数:



掲載している画像は彩玉がオリジナルで描き起こしたものや練習を兼ねて描いたものです。
無断でのコピー、再配布、転売、転載は禁止します。

このサイトは彩玉の個人サイトです。