影の付け方「応用」

サイトトップ>背景の描き方>難しい人は真似てみよう>影の付け方_応用


こんにちは〜。
基礎編に引き続き応用編です。基礎編で止まってしまうと恥ずかしいことになるので必ず応用編のご理解をお願いします。
透視図法(パース)をある程度理解していて、さらにこの講座の基礎編を読んだという方用に説明しています。最初から応用編で理解できるなら基礎編は読む必要ありませんが、言い回しが分からなければ辿ってください。


【今回も前置き※重要】
透視図法を説明している本やサイトはいっぱいあります。どれも意味は同じで理解は出来ます。ただ忘れないでいただきたい。
"透視図法とはなんかのか"を説明すれば「一点に集まりますよ」、「二点になっているように見えて〜」という説明であっていますが人の目では一箇所しかはっきり見えず、周りはボケ、線は曲線に見えるのが普通です。
見ているものに近いもの、出来るだけ優しく、そして力強く、なんとなく気持ちがいい、そんな絵を描きたいと心がけた場合決して一点に集めません。雰囲気で一点の周囲になんとなくで集めます。

基礎編に続き応用編でもしっかり結ばれた二点透視図法で説明していますがあくまで理解を深めるためであり、この通りやれば正しい絵になるなんて単純に考えないでほしいと願います。

この講座を上手く生かしていただき、悩みが少しでも解決してくれれば幸いです。



さて本題に入りましょう。このコーナーの完成はこちら。
影の描き方 影 背景


※画像をクリック=別窓で大きく表示されます。

01kagenotukekata.jpg

基礎編と応用編の違いです。見た目で言えば大きさがちょっと違うかな〜くらいでしょうか。この微妙さが分かるかどうか、パースが分かる人と分からない人の絵、分かる人から見れば一目瞭然。その違いがこの二つには出ていると思ってもらえれば遣り甲斐もあると言うものです。


次のように縦長にし影の距離を伸ばすと違いがはっきり分かりやすくなります。


02akagenotukekata.jpg

む・・・意外と大きさ以外わからないような。
『なぜ応用編が正しいのか』意味を知ることが重要です。

ではどうすれば正しい影が描けるのか。それは、


001.jpg

02bkagenotukekata.jpg

応用編で描いたものにパース線を加えてみるとこうなります。

水辺の一本がアイレベルです。


02ckagenotukekata.jpg

太陽の『高さ』以外アイレベルで消失点になっているのがわかります。
落ちた影も箱の消失点に集まります。明らかに基礎編とは違います。


02dkagenotukekata.jpg

基礎で説明しましたが影は結局光が当たってる面がどのような形跡を辿って地面とぶつかったかでした。(F)

G上面と底面は同じですがパースでこんなに違う形に見えます。

H実際なら上面、底面、落ちた影は同じ面積のはずです。しかし、上面と底面は高さの違い、底面と落ちた影は奥行が違います。ならば全部違う場所にあることになるので、パースが付かないとおかしいことになります。


03kagenotukekata.jpg

辺ごとに消失点を分けてみると

I右の消失点

J左の消失点

K影の方向の消失点

問題はこの『方向』です。方向がどの棒を地面から伸ばしているかで変わってきます。やじるしが描かれている絵の場所を伸ばしてもいいですし、自分で「奥の棒としてやってみよう」でもいいと思います。今回は一番手前の棒で描きました。その方向を延ばしアイレベルと結ばれたところが影の消失点です。


04kagenotukekata.jpg

実際にやってみよう
Lまず箱の消失点はこちら。二点透視ですので縦線はすべて垂直です。

Mまず『方向』を引きます。このとき手前の棒を基準とし、『方向』と平行に引きます。

Nアイレベルとぶつかったところを消失点とし、残り4本を消失点に向けて引きます。平行ではだめです。


05kagenotukekata.jpg

O基準とした手前の棒の頂点を『高さ』で平行に落とします。実はすでにここで、すべて影を繋げることが出来るのです。基礎では4本の頂点を落としましたがパースに乗せる為には4本落としません。

P落とした頂点から箱の左右の消失点へ繋げます。すると『方向』の線とぶつかっていきます。

Q繋ぐ場所を間違えないでくださいね。分からない方は基礎の頂点を落としたところを復習です。


06kagenotukekata.jpg

Rこれでパースに乗った上面の落ちた影が完成しました。簡単です。

Sあとは必要なところを結ぶだけ。完成です♪


06kagenotukekata.jpg

違いが分かるように同じ箱を基礎編の遣り方で描いてみたのが左です。

基礎では『高さ』と『方向』はすべて平行に引きました。それぞれの頂点がぶつかったところを結べば完成でした。しかしそれでは地面のパースを無視したことになるので応用編でやるのが正解。


07kagenotukekata.jpg

壁を作ってみました。解説は・・・大丈夫デスヨネ


【こんな場合はどうしましょう】
実際はこれらを頭で描いていくので作業時間は基礎も応用も変わりませんが、このやり方だと基礎よりだいぶ面倒なことになります。どれくらい面倒になるかこんな形でやってみました。
基礎なら頂点を高さで落とせば描けます。しかし今回はパースをつけているのでそれだとズレてしまいます。『高さ』で落とせるのは基準にした棒のみです。
やってみましたのでご覧ください。

001.jpg

07kagenotukekata.jpg

21,小さな箱の曖昧な位置関係を説明する必要がある為、補助線を引いて地面までの箱を作ります。

22,これによって接した○の位置は上面の一辺の○になりますので、

23,緑の線と青紫の線は同じことになります。これで小さな箱がどの位置に乗っているのかが正確に編み出せました。


07kagenotukekata.jpg

24,一つが分かればあとはやり方は一緒です。パースに乗せていけば結ばれるところが出てきます。

25,小さな箱の底面の位置がはっきりしました。

26,次に頂点の一つ『a』の位置が分かれば描けそうです。


07kagenotukekata.jpg

27,『a』を取るには『b』が分からなければ正確にパースが取れません。なぜなら上でも説明しましたが『a』は奥にあるの頂点ですので直接『高さ』に合わせて光を落とすわけにはいきません。

28,まず『b』を落とし頂点を確認します。

29,それにパース線を足していくと必要である小さな箱の頂点『a』が取れます。


07kagenotukekata.jpg

30,同じように結んでいけば小さな箱の上面が取れます。

31,色をつけてみるとこんな形です。余談ですがこのやり方なら宙に浮いているものも地面さえ分かれば影が落とせますね。

32,これで終わりではありません。ここにも影が落ちます。この場合どうしたらいいでしょう。


07kagenotukekata.jpg

33,場所が変わろうとパースを考えれば臨機応変に対応出来ます。地面がここだったと考えればいいわけです。描きやすいように地面を広げてみます。

34,前に描いた補助線に数本描けばつながります。

35,難しく考えず、地面に落ちたと思って描けば遣り方は同じです。もう説明は大丈夫ですね!


07kagenotukekata.jpg

35,そんなこんなで描けました。良く見ると大きな箱の上面をはみ出してしまってますので削ります。これは落ちた影を見てもすぐ分かることです。確認の為にやってみたまで。

36,出来たのがこれ。

37,地面に落ちた大きな上面の影『19』と『31』と上面に落ちた影『36』すべて完成です。


完成でっす。お疲れ様でした。

001.jpg

今回は『方向』と『高さ』を手前の棒を基準に引きました。これを奥の棒だったらちょっと違う形になります。

こういったものはコンセプトがどこまで正確に伝えているのかが重要で、紙に書かれている『方向』と『高さ』のやじるしの位置に合わせるって説明なしに解説しているのもありますし、この『高さ』や『方向』という呼び名も業界や学校で違いますので縛られないでください。


★間違って覚えてほしくないのでちょっとだけ偉そうなことを書きます、ごめんなさい。
これから絵をやる人は透視図法からやらないでほしい。最初にやってほしいのは『見てモノを描く』ということ。次に透視図法というものと照らし合わせたり、理解したりと知識を得る。
人は知識と経験が兼ね合わさって初めて技術、実力になります。解説しておいてなんですが、こんな平面上だけで理解したと思わないでほしい。むしろ完全に理解しなくても体で覚えてしまえばそのほうが正しい!正しく見せることが正しい!!たとえそれが理に適って無くても見ているものが正しいのだからそれが正しいのです。それが2Dグラフィックの面白いところで、背景やイラストの最終目標だとしてほしいと思います。


さてーここまででいいのでしょうか?ここまで読んでくれた方は確かに"知識"は付きました。でも"技術"にしなければ絵は描けません。仕事が出来ません。

「自分でやってみたい」と思われる方もいると思いますので練習問題を三問用意してみました。解答もありますので是非挑戦してみてください。



影の付け方練習問題編


サイトトップ>背景の描き方>難しい人は真似てみよう>影の付け方_応用(△上に戻る)

スポンサーサイト

現在の閲覧者数:


掲載している画像は彩玉がオリジナルで描き起こしたものや練習を兼ねて描いたものです。
無断でのコピー、再配布、転売、転載は禁止します。

このサイトは彩玉の個人サイトです。