アナログ背景「道具」

サイトトップ>背景の描き方>アナログ背景動画>アナログ背景「道具」



アナログ背景で使用する道具紹介動画です。

▽同じ道具で実際に描いた背景がこちら▽。

アナログ背景見本

動画0:13秒の画面で説明しますと、左から、鉄筆、50cm溝引き定規、ボールペン、ガラス棒、平筆7号×2、平筆5号、平筆3号、平筆3号の使い古し(雲用)、削用の使い古し、削用新品、カラ刷毛、カラ刷毛の使い古し(水張り用)、雑巾、筆洗(雑巾上)、TMK画用紙(下にひいてあるもの)。

3:30秒あたりで登場するのがポスターカラー大瓶たちと最後に小瓶たち。

青系や白は空気表現や空でかなり使いますので言い切れませんが、この動画で登場した材料で約200〜300枚は描けると思います。


【商品名と値段】
購入時期により販売元、値段が変わっていますのでご注意ください。
製造元、アマゾン、楽天、世界堂、他調べ

  • 鉄筆=\840(両軸が鉄筆のもの)。
    動画にある片方だけ鉄筆になっているものが手に入りにくくなっています。

  • 溝引き定規(45cm)=\924
    30cmや50cmとメーカーによってもいろいろあります。
    ガラス棒先端がしっかりと乗る溝が付いた定規。

  • ボールペン=ガラス棒の代用になるもの。
    コンビニ等で売っているお尻部分にガタガタがないもの。

  • 溝引棒 ガラス製(中空)=\58
    真空とそうでないものがあり、重さ、耐久度、値段が変わります。

  • 平筆7号/5号/3号=\924/\515/\410
    調べると「名村」が揃えやすいですがちょっと高め。アマゾン等で安いものでいいと思います。
    目安としては「白毛」であること。

  • カラ刷毛=\1,575
    こちらも「白毛」であること。そしてもう一つ、幅が7cm前後。9cmまでいかないあたりで6cmだと物足りない。
    アマゾンだと「世界堂 絵刷毛 25号(羊毛)」あたりが理想です。

  • 削用(彩色筆)=\682
    世界堂サイトから「名村 彩色筆 大(鹿/羊混毛)」が理想ですが少し高い。サイズは「大」で「中」でもよいかと。

  • 雑巾=なんでもよろしくて。

  • ホルベイン プラスチック角筆洗=\420
    画家さんが好む陶器(重いやつ)とは違います。
    これは軽いのでガシガシ洗いながらの作業がしにくく、水に溶けやすい水彩用だと考えてください。

  • TMKポスター(中性紙)画用紙=B本判180gで231円。八切りor九切りにするとB4サイズが10枚出来るので一枚あたり23円
    目安はB4サイズ一枚10円〜20円。メーカーの違いは表面のざらつき、厚さ、八切りや九切りの多少の誤差です。
    店員さんに「TMKポスター画用紙のB4サイズ」等聞いていただければ対応してくれます。大抵10枚1セットで250円前後です。

  • ニッカーポスターカラー大瓶140ml/小瓶40ml=\1,040/\378
    値段は世界堂調べ。これはどこでも値段に大差はありません。


【Youtube】




【ニコニコ動画】












サイトトップ>背景の描き方>アナログ背景動画>アナログ背景「道具」(△上に戻る)

スポンサーサイト

現在の閲覧者数:


掲載している画像は彩玉がオリジナルで描き起こしたものや練習を兼ねて描いたものです。
無断でのコピー、再配布、転売、転載は禁止します。

このサイトは彩玉の個人サイトです。